デンタルモニタリングを起用する利点

デンタルモニタリングはなぜ矯正歯科治療に革新をもたらすのか。

 

デンタルモニタリングとはそもそも歯科医師がどんな矯正歯科治療においても、最初の診察から治療の完了に至るまで、常にその経過を完全にコントロールする手段を与えるサポートシステムです。

 

世界で初めて、治療期間中、診察時以外に日常的に歯の動きを計測・数値化しては矯正歯科医師に伝達し、最適な治療プランを立てることが可能になりました。

 

治療中に急な予想外の展開に直面しても、週ごとに定期的に行われるデンタルモニタリングによる歯のデータ取得のおかげで、早期の診断、早期の対応が可能となり、病状悪化を防ぐのに繋がります。

 

デンタルモニタリングはなぜ矯正歯科治療の効率を高めるのか。

 

デンタルモニタリングで矯正歯科治療経過を監視された患者から「明らかに治療に対するストレスの減少が見られた」と報告されています。歯のモニタリングが患者の協力を必要としていることから、患者は矯正歯科治療を身近に感じ、不安は解消され、医師との協力体制が医師への信頼を高めるのに繋がるからです。